本日 8 人 - 昨日 121 人 - 累計 135832 人

風俗営業

  1. HOME >
  2. 風俗営業
風俗営業許可とは

風俗営業許可の中でも特に多いのが社交飲食店営業です。社交飲食店営業とは、スナックやラウンジなど接待を行う 飲食店やパチンコ店などの遊技店などの営業を指し、営業の内容によって許可の種類が異なりますが、我々行政書士が携わる多くはスナックやキャバクラなどの2号営業です。


風俗営業の種類

•1号 (ダンス+飲食 接待)キャバレーなど
•2号 (飲食 接待)スナック、キャバクラ、パブなど
•3号 (ダンス 飲食)ディスコなど
•4号 (ダンスのみ)ダンスホールなど
•5号 (10ルクス以下で飲食)低照度飲食店
•6号 (見通し困難な5㎡以下の客席で飲食)区画席飲食店
•7号 パチンコ店、麻雀店など
•8号 ゲームセンターなど


2号営業の人的要件

下記の要件に当てはまる人は許可を取得できません。

  
1.成年被後見人若しくは、被保佐人又は破産者で復権を得ていない者
2.1年以上の懲役もしくは禁固の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
3.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)違反、刑法違反、売春防止法、職業安定法、出入国管理及び難民認定法、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律、労働基準法、児童福祉法のうち、一部の規定に違反して、1年未満の懲役もしくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
4.集団的に、または常習的に暴力的不法行為その他の罪にあたる違法な行為を行うおそれのある者
5.アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
6.風俗営業の許可が取り消され、その取り消しの日から起算して5年を経過しない者(許可を取り消された法人の役員等含む)
7.風俗営業の許可の取り消し処分に係る聴聞の期日及び場所が公示された日からその処分をする日またはその処分をしないことを決定する日までの間に許可証を返納した方で、その返納の日から5年を経過しない者
8.上記に規定する期間内に合併又は分割により消滅した法人又は許可証の返納をした法人の公示の日の前60日間以内に役員であった者で、その消滅または返納の日から起算して5年を経過しない者
9.営業に関し、成年者と同一の能力を有しない未成年者。(但し、風俗営業者の相続者で、その法定代理人が上記のいずれにも該当しない場合は除く)
10.法人でその役員のうちに上記1~8のいずれかに該当する場合がある者


営業所の設備要件

1.客室が1室の場合は床面積の制限なし。但し、客室が2室以上ある場合は、客室1室の床面積が16.5㎡以上(和風の客室の場合、1室の床面積が9.5㎡)であること。
2.店内が外部から容易に見通すことができないこと
3.客室に見通しを妨げる設備を設けないこと
4.風俗環境を害する恐れのある写真や広告物、装飾その他の設備を設けないこと
5.店の出入口に施錠の設備を設けないこと。(外部から直接店内に入る出入口を除く)
6.客室内の照明の照度が5ルクス以下にならない構造であること
7.騒音また振動の数値が都道府県の条例の規定で定める数値に満たないように維持する構造または設備であること
8.ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと


地域要件

原則として、営業所が下記の用途地域にあり、かつ、制限距離内に保護対象施設が無いことが必要です。条例により各都道府県によって異なります。  

(用途地域)
1.商業地域
2.近隣商業地域
3.準工業地域
4.工業地域
5.工業専用地域
6.その他、用途が指定されていない地域

(保護対象施設)
学校、保育所、大学、図書館、児童福祉施設、病院、入院設備のある診療所など が制限距離内にないこと

  当事務所においては、正式にご依頼いただく前に、地域要件の調査を行います。


必要書類一覧

□許可申請書 (様式第2号)
 □申請書 その1
 □申請書 その2(A)
□営業方法記載書 (様式第3号)
 □営業の方法 その1
 □  同   その2
□用途地域証明書(地図添付のうえ市役所都市計画課にて証明)
□営業所使用権原疎明書(所有者の許可証明)
 □土地・建物賃貸契約書 または □登記簿謄本
 □使用承諾書
□営業所平面図
 □求積図
 □音響・照明配置図
 □テーブル・イス配置図
□営業所周辺の略図(保護対象施設との位置関係証明図)
□店舗写真(テーブル・イス・照明・音響機器・出入口・建物など)
□誓約書
 □誓約書(個人)
 □誓約書(法人役員全員)
 □誓約書(管理者1)
 □誓約書(管理者2)   
□身分証明書(本籍地の市役所)                 営業者と管理者が異なる場合
□住民票(市役所)・・・本籍地記載のもの             にはそれぞれ必要
□管理者の写真 2枚 (3×2.4cm)
□食品営業許可証               
□委任状                   
□メニューのコピー   
□運転免許証のコピー         
□在留カードのコピー(外国人の場合) および □公共料金の請求書等コピー(携帯電話のみの場合)
□定款(法人の場合) および □履歴事項証明書(法人の場合)
□申請手数料 24,000円

何かご不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。
宜しくお願いいたします。



      千葉県成田市中台6-1-6(中台ショッピングセンター内)
      行政書士星野しんたろう法務事務所
      代表行政書士 星野慎太郎
      電話:080(1221)0355

       hoshinogyousei@hyper.ocn.ne.jp